前へ
次へ

メニュー

税理士とはどのような仕事をするのか

日本において納税というのは国の運営に関する重要な義務です。この国民の義務に関する頼れるプロフェッショナルが、税理士です。税理士とは、税金に関する知識により、国民の納税や税金に関する項目のサポートをする職業です。業務内容を大きく分けると、納税者の代わりに税務手続きを行う税務代行、税務署に税務書類を提出をする税務書類作業、国民の税務に関する疑問について相談を受け付ける税務相談の3つに分けられます。特に年に1回行われる確定申告の場においては大いに活躍します。また、個人だけでなく企業の税務や経営のサポートも重要な役割です。簿記に関する知識を活かしたい、企業を支える仕事をしたい、税務に関する問題を抱えている人をサポートしたいという理由で税理士を目指して資格を習得する方も多いです。決して税理士になるということは簡単なことではありませんが、数学が得意で、几帳面でスケジュール整理が得意な方が向いていると言われています。

top用置換

top用置換2
Page Top